葬儀、お葬式、葬儀社選びのことをわかりやすく解説しています。
葬儀・葬式がよくわかる

危篤から葬儀までの流れ

出棺の挨拶の例

葬儀における喪主のお礼の挨拶は、通常、出棺の際におこないますが、規模の大きな式や、火葬が済んでいて出棺がない場合は、葬儀・告別式の最後におこないます。

「本日はお忙しいところを、父○○の葬儀並びに告別式にご会葬くださいまして、誠にありがとうございました。
故人存命中は、皆様方にひとかたならぬご厚情を賜りまして、心から御礼申し上げます。
皆様方にお見送りいただき、さぞかし故人も喜んでいることと存じます。
(ここに、故人の略歴やエピソード、どのように亡くなったかを加える)
残された私どもは未熟者ではございますが、今後とも故人同様、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶に代えさせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。」

お悔やみへの返事の例

お通夜・葬儀の式の合間でも、喪主はどの会葬者にも平等に応対しなければなりませんので、簡単な言葉でお礼を述べます。

「お忙しいところ、ありがとうございます」
「お忙しい中、ご会葬いただき、ありがとうございました」
「生前は故人が大変お世話になりました」

お通夜の挨拶の例

お通夜の読経と焼香が済んで、通夜振る舞いに移る前、または通夜振る舞いの席で、喪主がお礼の挨拶をします。

「本日はお忙しい中をお参りいただきまして、誠にありがとうございました。
皆様方にお越しいただき、故人もさぞ喜んでいることと存じます。
また、故人存命中のご厚情に対しまして、厚く御礼申し上げます。
ささやかではございますが、お食事を用意いたしましたので、故人の供養のためにも召し上がっていただきたいと存じます。
なお、葬儀・告別式は、明日の○時より執り行います。
何卒よろしくお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。」

通夜振る舞いのお開きの挨拶の例

通夜振る舞いは時間を見計らって、喪主か世話役代表がお開きの挨拶をします。

「皆様、本日は誠にありがとうございました。
おかげさまで、滞りなく通夜を執り行うことができました。
皆様にお集まりいただき、故人もさぞ喜んでいることと思います。
お話は尽きませんが、夜も遅くなってまいりましたので、この辺りでお開きにさせていただきたいと思います。
なお、葬儀・告別式は、明日の○時より執り行います。
何卒よろしくお願い申し上げます。
本日は本当にありがとうございました。」

精進落としの始まりの挨拶の例

精進落としの会食に入る前に、喪主がお礼の挨拶をします。

「本日は、亡き○○のために、いろいろお心づかいいただきまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで、滞りなく葬儀・告別式を済ますことができました。
故人もさぞ喜んでいることと思います。
ささやかではございますが、精進落としの膳をご用意いたしました。
どうぞごゆっくりお過ごしください。
本日はありがとうございました。」

精進落としのお開きの挨拶の例

精進落としは頃合いを見計らって、喪主がお開きの挨拶をします。

「本日は誠にありがとうございました。
まだ、ごゆっくりしていただきたいところですが、そろそろお時間となりましたので、この辺りでお開きにさせていただきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本日は最後まで、本当にありがとうございました。」

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。

お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)