葬儀、お葬式、葬儀社選びのことをわかりやすく解説しています。
葬儀・葬式がよくわかる

お通夜・葬儀に参列するときのマナー

あ行

遺影(いえい)
故人の写真や肖像画のこと。
遺骨(いこつ)
火葬して焼かれた骨の中から遺族などにより拾骨されたもの。
遺族(いぞく)
故人の家族のこと。
位牌(いはい)
故人の戒名、俗名、没年月日などを記した木牌のこと。
エンバーミング
薬品などを用いて遺体に防腐・保存のための処置を施すこと。
お清め(おきよめ)
お通夜や葬儀の後の飲食を指して関東地方で使われる。
お斎(おとき)
葬儀や法事の後の会食のこと。

か行

会葬礼状(かいそうれいじょう)
葬儀に来て会葬してくれた人に対して手渡す礼状のこと。
会葬礼品(かいそうれいひん)
葬儀に会葬してくれた人に手渡す礼品のこと。粗供養ともいう。
戒名(かいみょう)
仏門に入り仏の弟子になったことをあらわす名前のこと。一般に故人の死後、遺族が菩提寺に依頼して授かる。浄土真宗では法名という。
忌明け(きあけ)
忌中を終えること。一般に四十九日をもって忌明けとし、遺族は日常生活に復帰する。
北枕(きたまくら)
故人を部屋に安置する際に、頭の向きを北の方向にすること。
忌中(きちゅう)
一般に四十九日までをいう。遺族がこもって弔いに専心する期間のこと。
供花(きょうか)
葬儀などで故人に供える花のこと。「くげ」ともいう。
供物(くもつ)
葬儀などで故人に供える物(盛籠、果物、線香など)のこと。
献花(けんか)
生花を捧げること。焼香の代わりに行うことが多い。
香典(こうでん)
香に代えて故人に供える金銭のこと。
香典返し(こうでんがえし)
香典へのお礼として遺族が品物を返すこと。
合同葬(ごうどうそう)
遺族と会社など、葬儀の主催が複数の組織にまたがったときの葬儀。
告別式(こくべつしき)
葬儀での故人との別れの儀式。最近は葬儀式と同時に行うことが多い。
心付け(こころづけ)
謝意を示して金銭を与えること。火葬場や霊柩車などにおいて習慣が残っている。

さ行

斎場(さいじょう)
葬儀をおこなう場所のこと。
散骨(さんこつ)
遺骨を細かく砕き、これを墓地以外の山や海に撒く葬法のこと。
死化粧(しにげしょう)
死後、遺体に対して顔を整え、髭剃りや口紅などで化粧を施すこと。
死装束(しにしょうぞく)
遺体に対して最後に着せる服のこと。
社葬(しゃそう)
会社が主催して行う葬儀のこと。
拾骨(しゅうこつ)
火葬後に焼骨を拾い、骨壷に納めること。
宗旨(しゅうし)
宗教の種類やその分派のこと。
出棺(しゅっかん)
火葬場に向けて柩が出立すること。
焼骨(しょうこつ)
火葬して焼かれた骨のこと。
精進落とし(しょうじんおとし)
四十九日や葬儀の後の会食のこと。
生花祭壇(せいかさいだん)
生花が主になった祭壇のこと。
清拭(せいしき)
臨終の直後に、遺体の全身をアルコールなどで拭き清めること。
生前予約(せいぜんよやく)
自分の葬儀の内容や費用などに関して生前に予約すること。
施主(せしゅ)
葬儀の運営や費用の支払いについて責任をもつ者。通常は喪主と同じ場合が多い。
葬具(そうぐ)
葬式を行うのに用いる道具のこと。
喪家(そうけ)
故人の家族のこと。
即日返し(そくじつかえし)
葬儀当日にする香典返しのこと。
粗供養(そくよう)
葬儀に会葬してくれた人に手渡す礼品のこと。

た行

檀家(だんか)
その寺の信者となり、お布施などの経済的な援助を行い、葬式や法事などを行ってもらう家。
弔問(ちょうもん)
故人の遺族を訪問して、お悔やみを伝えること。
通夜振る舞い(つやぶるまい)
お通夜の後の会食のこと。
導師(どうし)
葬儀では、葬儀の法要を主宰する僧侶のこと。
答礼(とうれい)
葬儀では、会葬者の弔問に対して遺族などがお礼をすること。
読経(どきょう)
お経を読むこと。

な行

納棺(のうかん)
遺骨を棺に納めること。
納骨(のうこつ)
遺骨を墓地のお墓や納骨堂に納めること。

は行

悲嘆(ひたん)
近親者の死別によって生じる強い悲しみのこと。
棺(ひつぎ)
遺体を収納する入れ物のこと。
柩(ひつぎ)
柩は、棺に遺体が納まった状態をいう。
返礼品(へんれいひん)
会葬や香典へのお礼のお返し品のこと。
菩提寺(ぼだいじ)
お墓や先祖の位牌が置いてあり、葬式や法事をおこなう寺。檀那寺ともいう。

ま行

枕飾り(まくらかざり)
臨終後、遺体のそばに置く、香炉・燭台・リンなどを置いた小机のこと。
枕花(まくばな)
枕飾りの傍らに供える花のこと。
末期の水(まつごのみず)
臨終に際して、死んでいく人の口にふくませる水のこと。
密葬(みっそう)
告別式を行わずに近親者だけで葬式を営むこと。
喪主(もしゅ)
遺族を代表して葬儀を主宰する者。
喪中(もちゅう)
遺族が喪に服している期間のこと。一般には一年間をいう。

や行

遺言(ゆいごん)
死後のことについて書き残す証書のこと。法律用語では「いごん」という。
湯灌(ゆかん)
臨終の直後に、遺体の全身を湯で拭き清めること。

ら行

立礼(りつれい)
告別式において、会葬者への遺族による答礼を立って行うこと。
臨終(りんじゅう)
死に臨むこと。一般には息を引き取ることと同義に使われる。
仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。

お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)