葬儀の種類まとめ|あなたに合ったお葬式選び

葬儀の種類まとめ|あなたに合ったお葬式選び

人は生きていく上で、必ず「死」というものに向き合うことになります。

家族や友人など、身近で大切な方が亡くなった時に喪主、遺族となり葬儀を行うことになりますが、喪主はそう何度も体験する事ではありません。
そのため急に亡くなってしまった場合など、何もわからずに葬儀の段取りを決めなくてはいけないので困ってしまうこともあるでしょう。

葬儀会社が詳しく説明してくれるはずですが、大切な人が亡くなって悲しみもある中、説明を聞くのは困難な時もありますよね。
また、葬儀を行うのが初めてで、どのようなプランを選べばいいのかわからないという方もたくさんいます。

お葬式は亡くなった方の死を受け入れて、見送る大事な儀式なのでしっかりと納得できるものにしていただきたいです。

今回は様々な種類のお葬式の特徴をまとめましたので、ぜひご自身に合うものを見つけてみてください。

一般葬

家族や親族など近しい関係の方々だけではなく、近所に住んでいる方や仕事関係、親交のある友人など一般の方にも参列していただくのが「一般葬(いっぱんそう)」です。
お葬式と言えばこの一般葬をイメージする人が多いのではないでしょうか。

故人と親交のある広い関係の方々が参列しますので、多くの方々に故人を偲んでいただいてお見送りをすることができます。
家族や親族と面識がない人も参列するため、様々な思い出など知らなかったことを聞くことができるというのが一般葬の良い点の一つです。

しかし、広い関係の方々が参列することによって対応することも多くなり、ご遺族の負担が大きくなることはデメリットでもあります。
悲しい気持ちの中対応に追われることになるので、なかなか落ち着くこともできません。

規模は特に制限がないため、大規模になってしまった場合費用が高額になってしまうこともあります。
事前に人数を想定しておいて、予算に合う規模で行うことが理想ですね。

【一般葬に向いている方】

・仕事関係や友人など交流が広い方
・一般的な葬儀をご希望の方

たくさんの関係者を呼びたいという方や、特にこだわりがなく一般的なお葬式を行いたいという方は一般葬がいいでしょう。

家族葬

家族葬(かぞくそう)」は、名前だけを聞くと家族だけで行うというイメージに繋がると思いますが、家族以外にも親族や親しい人を呼ぶことができます。
人数を限定できるので、あまり人を呼ばずに少人数で行えるということもあり、ゆっくりと故人とお別れの時間を過ごすことができるのが家族葬の良いところです。

家族葬は、呼ばなくてはいけないという範囲の決まりがないので、誰を呼ぶのか迷ってしまうこともあるでしょう。
急に亡くなってしまった場合に葬儀までに決めるのは大変なので、事前に呼ぶ方を決めておくといいかもしれません。
迷った末に呼ばないことになったとしても、「故人の遺志を尊重し、家族だけで行うことになりました」など、理由をきちんと説明すれば失礼にはなりません。

葬儀の時は少人数で行えるため、対応をすることがそこまでありませんが、その後自宅にお焼香をあげにくる方が多数来る可能性もあります。
しかし、一般葬に比べると参列者は少ないので、ご自身にかかる負担は少ないと言えるでしょう。

【家族葬に向いている方】

・少人数で故人とのお別れをしたい方
・費用を抑えたい方

家族葬なら人数を限定できるので、規模を小さめにしてゆっくりとお見送りすることができます。
さらに参列者が一般のお葬式よりも少ないので、費用をそこまでかけずに行うことが可能です。

一日葬

通常ではお通夜、告別式の流れを二日に分けて行いますが、「一日葬(いちにちそう)」ではお通夜をせずに告別式と火葬を一日で行います。
普通だったら二日かかるところを一日で全てできるので、遺族の負担も少ないですし、遠くから参列する親族がいる場合でも宿泊せずに日帰りが可能です。
そのため参列者の交通費や、宿泊費などの費用を軽減できます。

【一日葬に向いている方】

・スケジュールが合わず、一日で葬儀を行いたい方
・費用を抑えたい方
・参列者に高齢者が多く負担を減らしたい方

スケジュールや体力的な負担も考え、二日かかってしまうと厳しいという方は一日葬がいいでしょう。
お通夜をしない分、料理や返礼品などの費用を抑えることができます。

社葬・合同葬

葬儀は遺族が中心となって行うイメージがあるかもしれませんが、最近では会社が主催となって行う「社葬(しゃそう)」も一般的になってきました。
さらに会社と遺族が費用を双方で負担する「合同葬(ごうどうそう)」もあります。

社葬の場合は費用を会社が負担するので、遺族側は金銭的負担はありません。
合同葬は負担する費用の割合はそれぞれケースによって異なりますが、全額というわけではないので、費用を抑えたいという方に適しています。

遺族は故人が務めていた仕事関係の方と普段接する機会があまりないかもしれませんが、社葬や合同葬では交流できるため、働いている時の様子などを聞くことができるというのがメリットの一つです。

【社葬・合同葬に向いている方】

・職場との関りが深い方
・一般葬ほど費用をかけられないという方

会社の社長や経営者など職場との関りが深い方や、費用を抑えたいという方は、会社が負担してくれる社葬や合同葬がいいかもしれません。

自宅葬

葬祭場ではなく自宅でお葬式を行うのが「自宅葬(じたくそう)」です。
葬祭場を借りる場合は利用時間に制限があったり、利用料金を支払わなくてはいけません。
自宅で行うことになれば時間を気にせず、ゆっくりとお別れの時間を持つことができます。
さらに費用も一般葬に比べるとそこまで高額にはならないでしょう。

自宅葬は普段生活しているスペースで行えるので、気持ち的にリラックスできるというメリットもありますが、家の中を葬儀を行えるように整えておく必要がありますし、近隣に迷惑がかからないように説明をしておかなくてはいけないというデメリットもあります。

【自宅葬に向いている方】

・慣れている空間でゆっくりとお別れの時間を過ごしたい方
・なるべく費用を抑えたい方

葬祭場を借りると費用がかかったり時間に追われるため、ゆっくりリラックスした状態で行いたいという方に自宅葬は適していますね。

直葬

最近ではお通夜、告別式をせずに火葬のみを行う「直葬(ちょくそう)」が増えてきています。(火葬だけ行うので「火葬式(かそうしき)」とも言います)
直葬は家族や親しい人など少人数で行うため、対応に追われることもありませんし、費用は一般葬よりも少なく済むというのが良い点です。

しかし、一般の葬儀とは違った形ではあるので、身内とのトラブルをさけるためにしっかりと事前に直葬にするという許可をとっておく必要があります。

【直葬に向いている方】

・費用を抑えたい方
・できる限り負担を減らしたい方

費用や負担を少なくしたいなど、小規模で行いたいという希望がある方は直葬が適しています。

自然葬

亡くなった際は葬儀を行って、お墓に納骨するというのが一般的ですが、「費用をかけたくない」や「残された家族に負担をかけたくない」という思いから、「自然葬(しぜんそう)」を選択する人もいます。
「自然葬」とは墓地に納骨するのではなく、海・山・空などの自然に散骨、納骨することです。

自然葬にもいくつか種類があるのでご紹介します。

樹木葬

樹木葬(じゅもくそう)」は墓石を立てるのではなく、樹木の周りに納骨します。
より自然に近い形で納骨できるので、生前から花や木など自然に親しんできた方などから選ばれています。

新しく墓石を立てるとなると数百万は掛かるのですが、樹木葬の場合は相場は50万円程です。
費用はかかりますが、金銭面的には一般的な葬儀よりも負担は少ないと言えるでしょう。

また、墓石があると管理が大変ですが、樹木葬は墓地を継がなくてもいいので後の管理をする心配はいりません。

海洋葬

海洋葬(かいようそう)」とは、その名の通り海に散骨することです。
樹木葬と同じように、墓地や墓石を用意する必要がないので費用を抑えたい方に適しています。

海洋葬を行いたい場合に注意しなければならないのは、遺骨をそのまま散骨するのは法律上禁止されているため、必ず粉砕してから散骨しなくてはいけないという点です。

宇宙葬

あまり馴染みがないかもしれませんが、遺灰をカプセルに入れて宇宙に打ち上げる「宇宙葬(うちゅうそう)」も自然葬の一つです。
宇宙に打ち上げられるので墓地や墓石は必要ありませんし、生前から宇宙空間に興味がある方などには、夢のような散骨方法ではないでしょうか。

バルーン葬

宇宙葬と同じく空中に散骨できるのが「バルーン葬(ばるーんそう)」です。
ゴム製のバルーンに遺灰を入れて空へ飛ばし、空へ飛んでいくバルーンを見届けながら、故人を偲んでお見送りします。

【自然葬に向いている方】

・残された方に負担をかけたくない方
・普段から自然と触れ合うのが好きな方

自然葬は墓地・墓石が必要ないのでお子さんやお孫さんに負担をかけたくないという方や、一般的なものではなく、新しい形で自然に納骨したいという希望がある方に適しているでしょう。

自由葬

自由葬は葬儀で行われる宗教的な儀式をせずに、故人が好きだったもので送りたいという希望を叶えることができるものです。

その名の通り自由な葬儀ができるのですが、いくつか種類があるのでご紹介します。

お別れの会

お別れの会」とは葬儀が終わった後に行うもので、故人と交流があった方々をお呼びします。
お別れの会は比較的自由に行えるので、一般的なお葬式とは違った形式で故人との最後の時間を過ごすことができます。

音楽葬

音楽を聴くのが好きだったり、実際に楽器を演奏していたなど、音楽に親しみがある方によく選ばれているのは「音楽葬(おんがくそう)」です。
葬儀中に好きだった曲を流すこともできますし、演奏してもらうこともできますが、生演奏の場合は演奏者を用意しなくてはいけないため費用がかかってきます。

音楽葬は葬祭場でも自宅でも行えるので、ご自身の希望で選ぶことが可能です。

【自由葬に向いている方】

・形式にとらわれず、自由に葬儀を行いたい方
・亡くなった方の遺志を尊重したい方

生前に好きだったものを葬儀に取り入れることができる自由葬は、亡くなった方の「音楽を流してほしい」や「お別れの会を開いてほしい」など、希望を叶えることができます。

あなたに合ったお葬式を

葬儀の種類をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

葬儀の形は一つではなく、それぞれ自由に選択できます。

費用やスケジュールなど、様々な事情があると思うので、ご自身に合った葬儀を行うのが好ましいです。

お葬式は故人との最後の時間なので、じっくり考えて大切に決めてくださいね。